夏目友人帳のあらすじと感想を紹介~優しさが詰まった宝石箱のような作品~

夏目友人帳 ネタバレ 和風ファンタジー漫画

夏目友人帳のあらすじ

created by Rinker
¥495(2020/09/23 07:27:32時点 楽天市場調べ-詳細)

幼少期に、両親を亡くした夏目貴志は、親戚の間をたらい回しにされ、傷ついて生きてきました。

おまけに、妖怪が見える事から、「虚言癖がある子供」だと言われ、どんどん孤立。

 

その姿を見て、遠縁にあたる藤原夫妻は夏目を引き取る事にしました。

藤原夫妻の家に引っ越してきた夏目は、友人も出来て、穏やかな日々を送っていました。

 

ですが、夏目の前に妖怪が現れ、逃げ回っていた夏目は、ある祠から封印されていた妖怪、斑を解放してしまいます。

 

驚く夏目に斑は、「夏目レイコ」と呼び掛けます。

レイコは、夏目の祖母でした。

並外れた力を持っていたレイコは、妖怪達を負かしては、その名前を奪い、友人帳にその名を記していたのです。

 

夏目が狙われるのは、顔立ちがレイコに似ていて、妖怪達が名前を返して欲しいから。

斑は、夏目から友人帳を奪おうとするが、夏目は咄嗟に斑に対して、自分が死んだら友人帳をやると約束し、斑は夏目の用心棒となるのでした。

夏目友人帳の感想

created by Rinker
¥495(2020/09/23 07:27:32時点 楽天市場調べ-詳細)

この作品の素晴らしい所は、全てが優しさで出来ているという事です。

なぜ、レイコがあれほど妖怪達との勝負にこだわったのか。

 

それは、彼女自身孤独だったからです。

その孤独を、あえて彼女は勝ち気な性格で隠していました。

 

そして、その孤独を妖怪達も分かっていたのだと思います。

名前を返せと夏目を襲いなかもらも、夏目が名前を返した途端に、妖怪はとても優しく語りかけるんです。

 

もう、一人で平気かい?

その瞬間。

 

なぜ友人帳なのかという謎も解けるような気がしました。

 

レイコは、子分にすると言いながらも、本当に欲しかったのは、友人なのではないかという事です。

そして、その気持ちは妖怪達にも伝わっていました。

斑は、レイコからの挑戦を断り続けていました。

 

そして、レイコが現れなくなり、斑は人の命の儚さを知ったのです。

そして、レイコが残してくれた友人帳は夏目の事も救ってくれました。

友人帳と出会った事で、夏目は人の優しさに、妖怪の優しさに包まれていく姿が、とても癒されました。

 

この作品は、まるで優しさを詰め込んだ宝石箱のようです。

夏目友人帳はeBookJapanで、登録なしで無料で試し読みできます。
夏目友人帳を無料で試し読み

コメント