中華風ファンタジー漫画

【完結】新☆再生縁 ネタバレなしであらすじと感想を紹介

「新☆再生縁ー明王朝宮廷物語ー」(滝口琳々作)は、2018年12月発売の11巻をもって完結しました。 新☆再生縁は、明代の中国を舞台にした中華風ファンタジー漫画です。 ここでは、「新☆再生縁ー明王朝宮廷物語ー」のあらすじと感想をネタバレなしで紹介します。
王宮ファンタジー漫画

それでも世界は美しい最新21巻 ネタバレなしであらすじと感想を紹介

それでも世界は美しい(椎名橙作)の最新刊21巻が、2019年2月20日に発売されました! 「ウルスラの少女時代の回想」「石碑の謎を探るカラたち」「ニールを助けるべく動くリヴィウスたち」の事が描かれています。 ここでは、ネタバレなしで「それでも世界は美しい」21巻のあらすじと感想を書いています。
王宮ファンタジー漫画

【完結】天は赤い河のほとり ネタバレなしであらすじと感想を紹介

「天は赤い河のほとり」(篠原千絵作)は、私が一番大好きな少女漫画です。 「天は赤い河のほとり」は、主人公ユーリがいろいろな危機にあいながらも乗り越え成長していく展開と、超ステキなカイル王子との切なく甘い恋にドキドキしできます。 私は、漫画は一度読んでストーリーがわかると、興味がなくなって繰り返し読むことはあまりない人なのですが、この「天は赤い河のほとり」は別です。 ユーリとカイル王子のすれ違う想いが切ないし、ユーリがいろんな困難に立ち向かう姿に「大丈夫?」とドキドキするし、何度も繰り返し読んでも飽きない漫画です。 ここでは、「天は赤い河のほとり」のあらすじと感想をネタバレなしで書いています。
スポンサーリンク
異世界ファンタジー漫画

蒼竜の側用人最新6巻 あらすじと感想 竜の研究者アデルが登場

花とゆめで連載中の、千歳四季作「蒼竜の側用人」の6巻が1月18日に発売されました ハイネダルクとの戦いが終わり6巻は激しい展開はなく、穏やかな宮殿での日々と、ユリウスの竜になる前の話が描かれています。 新キャラ「竜の研究者 アデル」も登場します。 ここでは、蒼竜の側用人6巻のあらすじと感想をネタバレなしで紹介します。
和風ファンタジー漫画

なんて素敵にジャパネスク あらすじと感想をネタバレなしで紹介~ぶっとんだ瑠璃姫の冒険物語~

なんて素敵にジャパネスクは、山内直実作(原作氷室冴子)の平安時代が舞台の和風ファンタジー少女漫画です。 貴族の姫君とは思えないぶっとんだ行動をする16歳の瑠璃姫が主人公。 貴族じゃなくてもなかなかこんなお転婆で冒険好きな女の子はいないと思いますが、予想外の行動をとる瑠璃姫の大冒険が面白いです。
王宮ファンタジー漫画

夢の雫 黄金の鳥籠12巻 あらすじと感想~ヒュッレムが自分の進む道をみつける~

夢の雫 黄金の鳥籠12巻 あらすじ ヒュッレムは、スレイマンの子を三人も産み、後宮では母后につぐ権力者だと皆に思われていた。 しかし、ヒュッレムは自分の無力さを感じていた。 大宰相イブラヒムが次の皇帝にと考える...
和風ファンタジー漫画

夏目友人帳のあらすじと感想を紹介~優しさが詰まった宝石箱のような作品~

幼少期に、両親を亡くした夏目貴志は、親戚の間をたらい回しにされ、傷ついて生きてきました。 おまけに、妖怪が見える事から、「虚言癖がある子供」だと言われ、どんどん孤立。 その姿を見て、遠縁にあたる藤原夫妻は夏目を引き取る事にしました。
大人向け漫画

この愛は、異端。3巻 あらすじと感想 契約の真実が明かされる

「この愛は、異端。3巻」が11月29日に発売されました。 この3巻は、今までとは違ってとても真面目でシリアスなストーリーでした。 そして、よしのとべリアルの契約の真実も明かされます。 ここでは、「この愛は、異端。3巻」のあらすじと感想を物語の核心にせまるようなネタバレはなしで紹介しています。
和風ファンタジー漫画

輝夜伝 あらすじと感想 ~かぐや姫と同じ特徴を持つ月詠が兄の死の真相を探る~

さいとうちほ作「輝夜伝(かぐやでん)」は、竹取物語を元に創られた和風ファンタジー漫画です。 でも主人公はかぐや姫ではなく、月詠(つくよみ)という兄の死の真相を知りたい女の子。 女でありながら、兄が死んだ時に一緒だった滝口の武者のメンバーになり、兄の死の真実を知ろうと頑張っています。 ここでは輝夜伝のあらすじと感想をネタバレなしで紹介しています。
異世界ファンタジー漫画

蒼竜の側用人5巻 あらすじと感想 ハイネが竜の力を得たわけとは?

千歳四季作「蒼竜の側用人 」5巻が11月21日に発売されました。 この5巻のなかで、ハイネダルクが竜の力を得ることができたわけが描かれています。 今までのダークなハイネのイメージとは違って、ちょっと意外な理由でした。 ここでは、蒼竜の側用人5巻のあらすじや感想をネタバレなしで紹介しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました