王宮ファンタジー漫画

夢の雫 黄金の鳥籠 ネタバレなしであらすじと感想を紹介 後宮に献上された少女はどう生きていく?

篠原千絵作「夢の雫 黄金の鳥籠」は、姉系プチコミックで連載中。 奴隷として売られた娘が権力者の後宮に入れられ、女たちの戦いながら、自分の生きる道をさぐっていく物語です。 ここでは、「夢の雫 黄金の鳥籠」のあらすじと感想をネタバレなしで紹介しています。
異世界ファンタジー漫画

蒼竜の側用人のあらすじと感想をネタバレなしで紹介 秘密がある竜と少女の物語

千歳四季作「蒼龍(アズファレオ)の側用人」は花とゆめで連載中の少女漫画。 竜のお世話をすることになった少女・ルクルと、竜・ユリウスの物語です。 まっすぐな少女・ルクルが、頑なだった竜・ユリウスの心をだんだんつかんでいく感じがいいです。 ここでは、「蒼龍の側用人」のあらすじと感想をネタバレなしで紹介しています。
大人向け漫画

この愛は、異端。ネタバレなしで紹介 愛を知らない悪魔と愛を求める少女の物語

森山絵凪作「この愛は、異端」は、白泉社の青年漫画雑誌ヤングアニマルで月一連載中です。 この漫画の紹介記事を書こうと思ったのですが、ストーリーの確認のためコミックスをペラペラ見ていたら、じっくり読んでしまってなかなか記事を書けません。 それほど「この愛は、異端」 にハマってしまいました。 これは青年漫画誌に掲載されている作品なので、完全に大人向けの青年コミックです。 エロいシーンやグロい場面があるので、全ての方にお勧めできる話ではないです。 でも女の私でも面白いと思えたり、共感できる部分があったので、エロ・グロが大丈夫な方にはぜひぜひ読んでもらいたいです。 というか、むしろ女性向けの話なんじゃないかとさえ思います。 ここでは「この愛は、異端」のあらすじや感想をネタバレなしで紹介します。
スポンサーリンク
和風ファンタジー漫画

蘭と葵5巻ネタバレなしであらすじと感想を紹介 家光と結ばれた蘭だが京に行くことに

「蘭と葵」最新刊5巻が11月22日に発売されました。 とうとう家光と蘭が結ばれました。 これからの二人の関係が気になるところです。 ここでは、「蘭と葵」最新刊5巻のあらすじと感想をネタバレなしで紹介します。
和風ファンタジー漫画

蘭と葵 ネタバレなしであらすじと感想を紹介 将軍と忍びの娘の恋愛は成立する?

上田倫子作「蘭と葵」。 徳川三代将軍家光の、伊賀の忍びの娘・蘭へ淡い恋からはじまる物語です。 出会った時には、子供だった竹千代と、すでに大人になっている蘭の二人の関係がどう恋愛に発展していくのかがこの「蘭と葵」の見どころです。 ここでは、「蘭と葵」のあらすじと感想をネタバレなしで紹介しています。
栃木県

グリムの森イルミネーションを見てきた 小規模ながらも電球数50万球でとってもキレイ♪

2018年12月1日(日)、栃木県下野市にあるグリムの森でやっているイルミネーションを見てきました。 グリムの森とは、グリム童話のことドイツのことなどを知ってもらうために造られた施設です。 グリムの館といわれる建物や、その敷地である...
和風ファンタジー漫画

帝都初恋心中 5巻ネタバレ 豪華客船で環と花織が窮地に立たされる

蜜樹みこ作「帝都初恋心中」5巻が11月26日に発売されました。 今までのコミックスは1話や2話でストーリーが完結していましたが、5巻の21話から25話までは全部続きのストーリーです。 やっぱりこうやってストーリーが続いていくと、読み応えがあっていいですね。 もちろん、環と花織のラブラブシーンもたくさんあります。 では、帝都初恋心中5巻のあらすじや感想をネタバレしていきま〜す。
異世界ファンタジー漫画

【贄姫と獣の王】9巻ネタバレ 王妃として成長していくサリフィ  

花とゆめで連載中の「贄姫と獣の王」の9巻が2018年11月20日に発売されました。 9巻では ・アミト姫とヨルムンガンド恋の行方 ・ボルトバス王国でのある事件 などが収録されています。 ここでは贄姫と獣の王9巻のあらすじや感想をネタバレしています。 これから読む人のためにネタバレは少なめにしているので、どんなストーリーなのか想像しながら読んでみてください。
栃木県

【太平山もみじまつり】駐車場はどこ?おすすめの場所を紹介

11月下旬に見ごろをむかえる太平山の紅葉。 栃木県の秋の定番観光スポットなので、土日などは大変混雑します。 アクセス方法は、車で行くのが一般的ですが、駐車場はどこにあるのかチェックしておきたいですよね? ここでは、太平山も...
中華風ファンタジー漫画

暁のヨナ新刊28巻ネタバレ 無料立ち読みもあり キョウガはヨナたちとどう向き合うのか

暁のヨナの最新刊28巻が11月20日、発売されました。 ここでは、暁のヨナ28巻のあらすじをネタバレしています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました