人外

異世界ファンタジー漫画

蒼竜の側用人最新6巻 あらすじと感想 竜の研究者アデルが登場

花とゆめで連載中の、千歳四季作「蒼竜の側用人」の6巻が1月18日に発売されました ハイネダルクとの戦いが終わり6巻は激しい展開はなく、穏やかな宮殿での日々と、ユリウスの竜になる前の話が描かれています。 新キャラ「竜の研究者 アデル」も登場します。 ここでは、蒼竜の側用人6巻のあらすじと感想をネタバレなしで紹介します。
和風ファンタジー漫画

夏目友人帳のあらすじと感想を紹介~優しさが詰まった宝石箱のような作品~

幼少期に、両親を亡くした夏目貴志は、親戚の間をたらい回しにされ、傷ついて生きてきました。 おまけに、妖怪が見える事から、「虚言癖がある子供」だと言われ、どんどん孤立。 その姿を見て、遠縁にあたる藤原夫妻は夏目を引き取る事にしました。
大人向け漫画

この愛は、異端。3巻 あらすじと感想 契約の真実が明かされる

「この愛は、異端。3巻」が11月29日に発売されました。 この3巻は、今までとは違ってとても真面目でシリアスなストーリーでした。 そして、よしのとべリアルの契約の真実も明かされます。 ここでは、「この愛は、異端。3巻」のあらすじと感想を物語の核心にせまるようなネタバレはなしで紹介しています。
異世界ファンタジー漫画

蒼竜の側用人5巻 あらすじと感想 ハイネが竜の力を得たわけとは?

千歳四季作「蒼竜の側用人 」5巻が11月21日に発売されました。 この5巻のなかで、ハイネダルクが竜の力を得ることができたわけが描かれています。 今までのダークなハイネのイメージとは違って、ちょっと意外な理由でした。 ここでは、蒼竜の側用人5巻のあらすじや感想をネタバレなしで紹介しています。
異世界ファンタジー漫画

蒼竜の側用人のあらすじと感想をネタバレなしで紹介 秘密がある竜と少女の物語

千歳四季作「蒼龍(アズファレオ)の側用人」は花とゆめで連載中の少女漫画。 竜のお世話をすることになった少女・ルクルと、竜・ユリウスの物語です。 まっすぐな少女・ルクルが、頑なだった竜・ユリウスの心をだんだんつかんでいく感じがいいです。 ここでは、「蒼龍の側用人」のあらすじと感想をネタバレなしで紹介しています。
大人向け漫画

この愛は、異端。ネタバレなしで紹介 愛を知らない悪魔と愛を求める少女の物語

森山絵凪作「この愛は、異端」は、白泉社の青年漫画雑誌ヤングアニマルで月一連載中です。 この漫画の紹介記事を書こうと思ったのですが、ストーリーの確認のためコミックスをペラペラ見ていたら、じっくり読んでしまってなかなか記事を書けません。 それほど「この愛は、異端」 にハマってしまいました。 これは青年漫画誌に掲載されている作品なので、完全に大人向けの青年コミックです。 エロいシーンやグロい場面があるので、全ての方にお勧めできる話ではないです。 でも女の私でも面白いと思えたり、共感できる部分があったので、エロ・グロが大丈夫な方にはぜひぜひ読んでもらいたいです。 というか、むしろ女性向けの話なんじゃないかとさえ思います。 ここでは「この愛は、異端」のあらすじや感想をネタバレなしで紹介します。
異世界ファンタジー漫画

【贄姫と獣の王】9巻ネタバレ 王妃として成長していくサリフィ  

花とゆめで連載中の「贄姫と獣の王」の9巻が2018年11月20日に発売されました。 9巻では ・アミト姫とヨルムンガンド恋の行方 ・ボルトバス王国でのある事件 などが収録されています。 ここでは贄姫と獣の王9巻のあらすじや感想をネタバレしています。 これから読む人のためにネタバレは少なめにしているので、どんなストーリーなのか想像しながら読んでみてください。
中華風ファンタジー漫画

暁のヨナ新刊28巻ネタバレ 無料立ち読みもあり キョウガはヨナたちとどう向き合うのか

暁のヨナの最新刊28巻が11月20日、発売されました。 ここでは、暁のヨナ28巻のあらすじをネタバレしています。
中華風ファンタジー漫画

暁のヨナ ネタバレなしであらすじと感想を紹介 無料立ち読みも!

白泉社・花とゆめで連載中の草凪みずほ作「暁のヨナ」 最新刊は11月20日に発売予定の、28巻です。 「暁のヨナ」は、大事に育てられた高華国の姫ヨナが、ある残酷な事件をきっかけにお城を出て、旅をする物語です。 もう28巻まで進んでいるので、かなりいろんなエピソードがありますが、まだまだ終わりは見えないように思います。 ここでは、まだ暁のヨナを読んだことがない人にむけて、暁のヨナのあらすじやおすすめポイントなどをほぼネタバレなしで紹介します。
異世界ファンタジー漫画

「贄姫と獣の王」ネタバレなしであらすじと感想を紹介

白泉社・花とゆめで連載中の友藤結作「贄姫と獣の王」 獣の王様と人間の娘の話?なにそれ?と思っていましたが、読んでみたら予想以上に面白かったです。 「贄姫と獣の王」は一言で言ったら、人間でありながら魔族の王の妃となる娘と魔族の王様の物語です。 ここでは 「贄姫と獣の王」のあらすじと感想をネタバレなしで紹介しています。