王宮ファンタジー漫画

それでも世界は美しい最新21巻 ネタバレなしであらすじと感想を紹介

それでも世界は美しい(椎名橙作)の最新刊21巻が、2019年2月20日に発売されました! 「ウルスラの少女時代の回想」「石碑の謎を探るカラたち」「ニールを助けるべく動くリヴィウスたち」の事が描かれています。 ここでは、ネタバレなしで「それでも世界は美しい」21巻のあらすじと感想を書いています。
異世界ファンタジー漫画

蒼竜の側用人最新6巻 あらすじと感想 竜の研究者アデルが登場

花とゆめで連載中の、千歳四季作「蒼竜の側用人」の6巻が1月18日に発売されました ハイネダルクとの戦いが終わり6巻は激しい展開はなく、穏やかな宮殿での日々と、ユリウスの竜になる前の話が描かれています。 新キャラ「竜の研究者 アデル」も登場します。 ここでは、蒼竜の側用人6巻のあらすじと感想をネタバレなしで紹介します。
異世界ファンタジー漫画

蒼竜の側用人5巻 あらすじと感想 ハイネが竜の力を得たわけとは?

千歳四季作「蒼竜の側用人 」5巻が11月21日に発売されました。 この5巻のなかで、ハイネダルクが竜の力を得ることができたわけが描かれています。 今までのダークなハイネのイメージとは違って、ちょっと意外な理由でした。 ここでは、蒼竜の側用人5巻のあらすじや感想をネタバレなしで紹介しています。
異世界ファンタジー漫画

蒼竜の側用人のあらすじと感想をネタバレなしで紹介 秘密がある竜と少女の物語

千歳四季作「蒼龍(アズファレオ)の側用人」は花とゆめで連載中の少女漫画。 竜のお世話をすることになった少女・ルクルと、竜・ユリウスの物語です。 まっすぐな少女・ルクルが、頑なだった竜・ユリウスの心をだんだんつかんでいく感じがいいです。 ここでは、「蒼龍の側用人」のあらすじと感想をネタバレなしで紹介しています。
異世界ファンタジー漫画

【贄姫と獣の王】9巻ネタバレ 王妃として成長していくサリフィ  

花とゆめで連載中の「贄姫と獣の王」の9巻が2018年11月20日に発売されました。 9巻では ・アミト姫とヨルムンガンド恋の行方 ・ボルトバス王国でのある事件 などが収録されています。 ここでは贄姫と獣の王9巻のあらすじや感想をネタバレしています。 これから読む人のためにネタバレは少なめにしているので、どんなストーリーなのか想像しながら読んでみてください。
異世界ファンタジー漫画

「贄姫と獣の王」ネタバレなしであらすじと感想を紹介

白泉社・花とゆめで連載中の友藤結作「贄姫と獣の王」 獣の王様と人間の娘の話?なにそれ?と思っていましたが、読んでみたら予想以上に面白かったです。 「贄姫と獣の王」は一言で言ったら、人間でありながら魔族の王の妃となる娘と魔族の王様の物語です。 ここでは 「贄姫と獣の王」のあらすじと感想をネタバレなしで紹介しています。
王宮ファンタジー漫画

それでも世界は美しい ネタバレなしであらすじと感想を紹介

白泉社「花とゆめ」で連載中の椎名橙作「それでも世界は美しい」(最新刊は20巻) 歌を歌うことで雨を降らすことができる雨の公国公女ニケと、世界を支配し逆らうものには容赦ない太陽王リヴィウス1世の物語。 年の差恋愛するふたりの恋と成長を描いた少女漫画になっています。 ここでは「それでも世界は美しい」のあらすじと感想をネタバレなしで書いています。
王宮ファンタジー漫画

コールドゲーム ネタバレなしであらすじと感想を紹介!

小学館ベツコミで連載中の和泉かねよし先生の「コールドゲーム」 コールドゲーム(called game)とは、野球・ソフトボール・水球などのスポーツのの試合において、何らかの理由により、審判員が打ち切りを命じた試合のことである。 少女漫画の題名が「コールドゲーム」って、なんかのスポーツの物語かと思ったら全然ちがいました。 王宮で繰り広げられる、正妃をめぐる女たちの壮絶はマウンティングバトルの話です。 まだ始まったばかり(最新刊は2巻)なので、今後どんな展開になるのか先が読めなくてドキドキします。 コールドゲームということは、正妃をめぐっての戦いに突然、終止符が打たれたりするのでしょうか? ここでは、「コールドゲーム」のあらすじと感想をネタバレなしで紹介します。
王宮ファンタジー漫画

狼陛下の花嫁 ネタバレなしであらすじと感想を紹介!無料立ち読みも!

白泉社ララで連載中の可歌まと作、「狼陛下の花嫁」 勝手に狼陛下=狼人間と思っていたのですが、違いました〜 (^_^;) 狼陛下とは、狼のように恐ろしい国王陛下という意味で普通の人間です。 そんな狼陛下の所に、縁談よけのバイト妃としてやってきた夕鈴と狼陛下のことを描いたストーリーです。